翻訳Magazine。国際化に伴う外国語対応の必要性!

様々な経験を持つ司法書士

司法書士の主な仕事の1つに、不動産登記や会社の登記などの登記業務があります。

登記とは、権利関係をきちんと公示するために、法務局に行って登記簿に記載をすることを言います。これをすることによって、土地の登記なら、この土地の面積はどのくらいで持ち主は誰です、という主張が出来るのです。

登記をきちんとしておかないと、信頼ができないし、売買契約などの時に不利になってしまいます。

司法書士は、単に登記業務を行うだけでなく、様々な経験を持ち相談にも乗ってくれるため、登記に関することでの悩みがあったら一度話を聞いてもらうと良いでしょう。